病院の脱毛ってどのようなケアなんだろうか

病院の脱毛ってどのようなケアなんだろうか

2016.08.03

病院の脱毛ってどのようなケアなんだろうか はコメントを受け付けていません。

レーザー脱毛は、どのような施術を行う脱毛方法なのですか?エステティックサロンで使用している光で脱毛するものとの異なる部分とは全体的になんだと思う?

医療機関のレーザーは、メラニン色素に的を絞って反応し熱を出すレーザーの特有性を使用した処理方法なので、皮膚へのダメージの不安がありませんよ。

脱毛サロンで施術をしてるフラッシュ脱毛の機械と医療レーザーの大きく異なる場所はここなのです!医療機関だけしか医療レーザー器を使えないんです。安心できてたしかな効果をもたらすよう、テクニカルなスキルや知識を学ぶことが大事であります。だからこそレーザー脱毛はフラッシュ脱毛と一緒にされない医療行為に指定されるんです。

医療レーザーですと肌を痛めやすいという可能性もあります。でも、医療の担当者がいる医療行為だから処置法も多くあって脱毛が初めてでも安全なんですよ。

医療行為になる医療レーザーの力はTBCなどのサロンのフラッシュ脱毛と比較して出力を大きめにセットする許可が降りているので医療レーザーの方が全身脱毛効果が出てきやすいということです。レーザーでの脱毛と脱毛専門サロンの全身脱毛を比較すると、なんとビックリ!脱毛処置の回数が1/3くらいになる事があるんです。全身脱毛をするのなら、比べておくと良いでしょうね。

メリットが多いレーザー脱毛。でも、それだけを見てはいけません。無論、デメリットになる部分も見えてきます。脱毛にかかる費用はエステと比べても数倍多いことも結構あります。美容外科では脱毛サロンと比べて医療機関となるので施術対応してる時間がかなり短いのがデメリットです。脱毛専門サロンのように夜まで予約を入れることはできません。医療レーザーにすれば少ない回数の施術でも出来るのですが、営業時間が短い中で脱毛の施術が溢れるため、ネット予約も大変だという問題もあるので注意です。

関連記事

コメントは利用できません。